食品添加物

次亜硫酸ナトリウム

●物質名 次亜硫酸ナトリウム
●用途名 漂白剤

 

次亜硫酸ナトリウムは、かんぴょう、乾燥果実やワインなどに使用される漂白剤の一種です。
また、酸化防止剤(食品が酸化して、味や風味が落ちるのを防ぐ)としての役割も果たしています。

 

使用制限と使用限度が定められています。
使用制限とは、使用できる食品を制限していることですが、ごま、豆類および野菜の使用への使用は禁止されています。

 

使用限度は、かんぴょうは5000ppm、乾燥果実は2000ppm、ワインは350ppmです。
これは、二酸化硫黄としての場合の濃度を示しています。

 

人体への影響は、毒性実験では結果が確認されていません。
しかし、次亜硫酸ナトリウムは、酸化されると、ピロ亜硫酸ナトリウムになります。

 

よって、ピロ亜硫酸ナトリウムと同じ影響を、人間に及ぼすと考えられます。
主な症状としては、ビタミンB 1の欠乏症になる可能性があることです。

 

ビタミンB1が不足すると、下痢、成長不順にも繋がります。

 

次亜硫酸ナトリウムは、ピロ亜硫酸ナトリウムと同様に、酸化防止剤としても使用されており、様々な食品に添加されています。
摂取しすぎに、注意したい食品添加物の一つです