食品添加物

コウリャン色素

● 物質名 コウリャン色素
● 用途名 着色料

 

赤褐色に着色する目的で使われています。

 

イネ科コウリャンの実または殻から加熱したエチルアルコール
または賛成エチルアルコールで抽出して作られています。また
他の方法としては、アルカリ性水溶液で抽出、中和して作られ
ています。

 

コウリャンは中国、韓国、日本で栽培される1年生の草木です。
アジア南西部などでは重要な食料として用いられているそうです。

 

主色素としてはアピゲニニジン、ルテオリニジンです。

 

別名はキビ色素、簡略名はフラボノイド、フラボノイド色素と呼
ばれています。

 

人への影響・危険性ですが、ねずみを使った実験においては体重
1sあたり11.2g以上でその半数が死亡するという報告がされて
います。