食品添加物

ムラサキトウモロコシ色素

● 物質名 ムラサキトウモロコシ色素
● 用途名 着色料

 

ムラサキトウモロコシ色素は赤色または紫赤色に着色する
目的で使用されています。

 

イネ科トウモロコシの紫色の種子から、加熱した水、または
弱酸性水溶液で抽出して作られています。

 

イネ科トウモロコシとは、イネ科の一年生植物で、普段私たち
の周りで食用や家畜の食料、またでんぷんや油の供給源として
とても重要な役割を果たしている植物です。日本では、トウキビ
、ナンバ、トウミギ、コウライキビなどといろいろな呼び名があ
ります。メキシコの地域に自生していた、テオシントと呼ばれる
植物がトウモロコシの起源だと呼ばれる説もあります。

 

主色素はシアニジン-3-グルコシドです。

 

別名、ムラサキコーン色素、簡略名はアントシアニン、アントシアニン
色素です。

 

人への影響・危険性ですが、トウモロコシが原材料なため危険性は低い
と思われます。