食品添加物

ジフェニル

●物質名 ジフェニル
●用途名 防カビ剤

 

ジフェニルは、アメリカから輸入される、オレンジやレモンなどのかんきつ類に使用されています。
かんきつ類以外での使用は認められていません。
輸送の途中で、カビが発生したり、腐敗するのを防ぐために使用されています。

 

OPPやTBZなどの防カビ剤の中で、毒性が弱いとされています。
最近では、ジフェニルに耐性のある菌が発見され、使用は減少しています。

 

またジフェニルは、果物に直接塗布することが禁止されています。
使用方法は、紙に含ませたTBZを蒸発させることにより、果物に付着させます。

 

毒性は弱いといわれていますが、毒性実験では膀胱や肝臓がんの発生、結石ができることが認められました。
また、ADI(1日許容摂取量)が定められており、体重1kgに対して0.05mgと決められています。

 

防カビ剤は、色々な種類がありますが、その危険も高く注意が必要です。

ジフェニル関連エントリー

OPP
TBZ
イマザリル