食品添加物

TBZ

●物質名 TBZ
●用途名 防カビ剤

 

TBZ(チアベンダゾール)は、アメリカから輸入される、かんきつ類の表面に塗布されています。
輸送の途中で、果物が腐敗して、駄目になってしまうのを防ぐためです。

 

農薬の一種で、人間の致死量は、約20g〜30gです。

 

日本では、甜菜のカッパン病(葉に斑点ができる病気)やかんきつ類に使用されています。
1978年に食品添加物として使用が認められました。

 

日本では農薬としてTBZの使用が認められていますが、収穫した果物に農薬を使用すること認められていません。
したがって、TBZは食品添加物として、使用が認められたのです。
当然、その背景には、やはり輸出するアメリカと輸入果物を扱う業者の影響があったと考えられます。

 

TBZは、アメリカから輸入されてくる、オレンジ、レモンなどのかんきつ類やバナナに使用されています。
かんきつ類は、ワックスと混ぜられて塗布され、バナナは溶液に漬けたり、スプレーされます。

 

使用限度が定られており、かんきつ類は1kgに対して0.010g、バナナは1kgに対して0.0030gです。
TBZも農薬の一種で毒性が高いので、人体のへの影響が心配されています。

 

人体への影響は、催奇形性(胎児に悪影響を及ぼす)、成長不順や肝臓の障害などが挙げられます。
東京都立衛生研究所が毒性実験を行ったところ、次のようなことが確認されました。
ラットに体重1kgに対してTBZを1g、毎日経口投与したところ胎児の手足や尾に奇形が出ました。
またマウスに、体重1kgに対してTBZを0.7〜2.4g、毎日経口投与したところ、マウスの胎児にも、骨格異常や外表奇形などの症状が出ました。

 

TBZは、OPP(オルトフェニルフェノール)と同様に、果肉にも含まれています。
ではTBZが使用されている果物を、妊娠している女性が摂取することをどう思いますか?
もちろん、大変危険な行為ですよね。
お腹にいる子供に悪影響を及ぼす危険性がありますよね。
あなたの身近に妊娠した女性がいたら、ぜひ教えてあげてください。
TBZは動物実験で、肝臓の障害や成長に支障をきたすことも証明されています。

 

このように人間に悪影響を及ぼす化学物質を使用した果物が、店に平然と並んでいるのです。

TBZ関連エントリー

OPP
ジフェニル
イマザリル