食品添加物

二酸化硫黄

●物質名 二酸化硫黄
●用途名 漂白剤

 

二酸化硫黄は、かんぴょう、乾燥果実やワインなどに使用される漂白剤の一種です。
また、酸化防止剤(食品が酸化して、味や風味が落ちるのを防ぐ)としての役割も果たしています。
ワインの歴史が長いヨーロッパでは、昔から二酸化硫黄を酸化防止剤といて使用しています。

 

二酸化硫黄は、自動車の排気ガスや火山ガスに含まれています。
別名、亜硫酸ガスともいいますが、毒性の強い食品添加物の一つです。

 

二酸化硫黄の気体は、普段の生活で、私たちに悪影響を及ぼしています。

 

私たちの身の周りで身近なものといえば、自動車の排気ガスです。
濃度が高いと喉や目が痛くなったり、咳が出たりしますよね。
このような環境にも悪い物質が、食品添加物なんて、おかしな話ですね。

 

当然、使用制限と使用限度が定められています。
使用制限とは、使用できる食品を制限していることですが、ごま、豆類および野菜の使用への使用は禁止されています。

 

使用限度は、かんぴょうは5000ppm、乾燥果実は2000ppm、ワインは350ppmです。
人体への影響は、ラットを使用した動物実験で、肝臓に悪影響を及ぼす可能性があることが分かりました。

 

二酸化硫黄は、酸化防止剤としてワインに使われることの多い物質です。
ワインを飲み続けると、当然、体に悪影響を及ぼす可能性が高くなります。
ワインを頻繁に飲まれる方は、ぜひ気をつけてください。