食品添加物

L-アスコルビン酸ステアリン酸エステル

●物質名  L-アスコルビン酸ステアリン酸エステル
●用途名  酸化防止剤

 

主に油脂、バター、チーズ、小麦粉、菓子類、アイスクリームなどの酸化防止剤に使われています。そして、また栄養強化剤としても使われています。商品の表記の仕方にはL−アスコルビン酸同様、栄養強化剤に表記する場合は表記免除となります。

 

L-アスコルビン酸ステアリン酸エステルは油によく溶けるので油脂やバターに使われます。
使用量は個々に異なりますがあまり使用量が多くなると、逆に酸化を促進してしまう場合もあるので「ラード」には酸化防止剤として使用は不可となります。

 

人への安全性は低いとは言われていますが動物実験、マウスを使った実験では投与した半数が志望したり生体に好ましくない影響がでたりと安全性に疑問があります。同じビタミンCのL-アスコルビン酸とは安全性の高さが違うため商品はよく見て買う必要がありそうです。