食品添加物

アルギン酸プロピレングリコールエステル

● 物質名 アルギン酸プロピレングリコールエステル
● 用途名 糊料

 

乳酸飲料、果実飲料の糊料、乳化安定剤として用いられています。
またシロップなどの増粘剤、および分散剤としても使われています。

 

元々アルギン酸ナトリウムの用途範囲が酸性に弱い、という点から
使用範囲が限られてしまうためにこの問題をアメリカの企業が改善し
アルギン酸プロピレングリコールエステルが生まれました。

 

簡略名はアルギン酸エステルといわれています。

 

使用限度が1%と定められているほか、一般に添加する量が添加す
るものによって細かく決まっています。

 

人への影響ですが、急性毒性は見られない添加物です。他の以上に
対しても動物実験において特に危険だと判断される報告はありません。