食品添加物

カゼイン

主にアイスクリーム、ゼリー、食肉製品、などの安定剤、乳化剤、
強化剤として使われています。

 

カゼインは、牛乳に含まれるたんぱく質の80%を占めています。
またカルシウム、さらにリン酸カルシウムとくっついて存在して
います。牛乳が白く見えるというのもこのことから来ています。
またカゼインは加工すると熱可塑性のプラスチックにもなりこれ
をカゼインプラスチックと呼び工業的に利用されています。

 

牛乳を飲んでアレルギーを起こす原因はこのカゼインにあると
いわれています。そのため子供用に作られた乳化製品等はこ
のカゼインの量を減らした商品というのもあります。しかし、人へ
の添加物としての害は元々牛乳の成分から来ているということ
もあり特に危険性のあるものではないことが分かっています。