食品添加物

カルボキシメチルセルロースナトリウム

● 物質名 カルボキシメチルセルロースナトリウム
● 用途名 糊料

 

粘性、保護コロイド性、被膜形成性などがあるため、主にアイスクリーム、
ジャム、クリーム、ケチャップやソースなどに添加される添加物です。
また食品以外では歯磨き粉の粘結剤として使われていて、口臭の予防
にも効くといわれています。

 

1918年にドイツの学者がカルボキシメチルセルロースナトリウムを植物に
含まれるセルロースを原料とし、水酸化ナトリウムなどと反応させて作る
ことに成功しました。

 

この添加物は使用制限が設けられていますが、単独で使用する場合と
併用する場合とでは制限量が異なり、単独では2.0%、併用では、その
使用量の和が食品の2%以下という基準になっています。