食品添加物

アカネ色素

● 物質名 アカネ色素
● 用途名 着色料

 

黄色または赤紫色に着色するために使われています。

 

アカネ科セイヨウアカネの根から、水、温水、またはエチルアル
コールで抽出して作られます。アリザリン、ルベリトリン酸など
を主成分とする赤色の色素です。アリザリン、ルベリトリン酸は
アントラキンという骨格を持つ化合物で熱や、光に対して安定で
す。また抽出時使われている水、やエチルアルコールに対して溶解
する性質も持っています。アリザリンはモーダンドレッド
とも呼ばれています。

 

アカネはヨーロッパや西アジアが原産地で、古くから染料として使用
されまた、日本では古事記の中にも記載されています。

 

簡略名はアカネといいます。

 

人への影響・危険度ですが、1997年にねずみを使った発癌性を見
る実験で一時は発がん性なしとの結果が報告されたけれども、2004
年の実験で前実験が撤回され発癌性の疑いありとの報告がされました。
その結果から食品添加物への添加は禁止されています。