食品添加物

カカオ色素

● 物質名 カカオ色素
● 用途名 着色料

 

主に、菓子類、冷菓、クリーム類、ウィンナーソーセージ、植物
性たんぱくなどを褐色に着色するために使用します。

 

アオギリ科カカオの種子を発酵させ、ばい焼きしたものを中和して
作られています。カカオの原産地は中南米で現在は、アフリカ諸国
を中心に生産されています。

 

主色素は、アントシアニンが熱によって結合したものです。アントシ
アニンは抗酸化物質として知られるポリフェノールの1つで植物の
果実や花の色を表現するのに役に立つ物質です。

 

別名はココア色素と呼ばれています。
また簡略名は、カカオ、フラボノイド、フラボノイド色素です。

 

人への影響・危険度ですが、ねずみを使った実験では、体重1s当たり
5g以上投与すると半数を死亡させるという報告があります。
また、0.05%を含むえさを104週間投与した実験では毒性の影響は
見られないという報告、また発がん性はないという報告がされています。