食品添加物

マリーゴールド色素

● 物質名 マリーゴールド色素
● 用途名 着色料

 

マリーゴールド色素は、黄色に着色する目的で使われています。

 

キク科マリーゴールドの花からヘキサンで抽出して作られています。

 

キク科マリーゴールドとはキク科タゲタス属に属する植物の一群を
示していて、日本では園芸植物です。5~6月にかけて花が咲きます。
独特の強い香りをもち、観賞用の目的で栽培されています。根には
線虫防除効果があり作物の間に植えられていたりします。花はきれいな
赤い色をしています。また、マリア様の黄金の花という別名もあります。

 

主色素は、キサントフィルです。

 

簡略名は、カロチノイド、カロチノイド色素、カロテノイド、カロテ
ノイド色素、マリーゴールドと呼ばれています。

 

人への影響・危険性ですが、天然の花を原材料としているため、危険性
は高くありません。