食品添加物

ベニコウジ色素

● 物質名 ベニコウジ色素
● 用途名 着色料

 

ベニコウジ色素は主に畜産加工品、赤飯、魚肉漬物、あん類、
水産練り製品などを赤色に着色する目的で使われています。

 

子のう菌類ベイコウジカビの菌体からエチルアルコール溶液または
プロピレングリコール溶液で抽出して作られています。

 

ベニコウジ黄色素とはとてもよく似ていて、着色に使われている製品
も同じような製品が多いです。違う点としては、ベニコウジ色素は
培養液を使って抽出、中和して作られていますが、このベニコウジ色素
は、菌体から抽出して作られています。

 

主色素は、モナスコルブリン、アンカフラビンなどです。

 

別名はモナスカス色素、簡略名はモナスカスです。

 

人への影響・危険性ですが、これもベニコウジ黄色素同様、動物実験に
よる、さまざまな試験の大半が陰性を示し、それほど危険性は高くはない
といえるでしょう。