食品添加物

カキ色素

● 物質名 カキ色素
● 用途名 着色料

 

カキ色素は、食品を赤褐色に着色するために使われています。

 

カキノキ科カキの果実を発酵、ばい焼きしたものを加熱したエチル
アルコール溶液で抽出して作られます。他の方法としては、加温し
た弱アルカリ性水溶液で抽出、中和して作られる方法があります。

 

主色素は、フラボノイドです。フラボノイドは天然に存在する化合
物です。植物ではカロテノイド同様、酸素を多く発生する場所に
存在しています。

 

簡略名は果実シキソ、フラボノイド、フラボノイド色素といわれて
います。

 

人への影響・危険性ですが、天然のものを原材料としているので
比較的安全な添加物といえるでしょう。